担いでいる様子.jpg

井手英策研究会へ
​ようこそ

当研究会は、先生の専門である「財政社会学」の知見をもとに、制度分析のアプローチから様々な社会問題について研究しています。論文執筆やイベントを通して、自分で考えチームとして動く力を身に着けることができます。

​活動紹介

​財政社会学とは

 当研究会は、先生の専門分野である財政社会学の視点から勉強を進めています。財政社会学の特徴は、社会の現状にふさわしい財政の在り方を模索するにあたり、政府の実施する「財政政策」とその基盤となる「社会(またはそれを構成する人びとの心)」の変化との相互影響性に重点を置くことにあります。その意味で、政治・経済を含む「社会」の変化を、人々の意識や行動に根差した、よりリアルで、より包括的な観点から分析することを軸に据えて活動しています。

​Seminar (月曜日3-4限)

春学期

 テキストの輪読を通して、財政学社会学等についての理解を深めます。その後は複数の班に分かれて、夏休みに行われる「合同ゼミ」を目標とした論文制作を開始します。

秋学期

 当研究会は三田祭論文では発表を行わず、京都大学とのインゼミを最終目標として論文制作をします。そのため、秋学期は11月に行われるインゼミに向けて、発表・フィードバックを繰り返して論文を作り上げていきます。また、インゼミが終わった後は、4年生の卒論発表を行います。

​Sub Seminar

 月曜3-4限の授業時間以外にも、サブゼミとして時間を設けて活動します。具体的には、ゼミで指摘された点に関する班員内での検討、次の発表までの課題点整理、文献探しや新しいアイデアの提案など、ゼミに向けた準備を行います。曜日や場所は決められていないので、各班員の都合に合わせて実施します。

​→ 入ゼミ情報を見る
​→ 活動記録を見る
 
IMG_5070.HEIC

井手英策(いで えいさく)

井手先生_Web用.jpg

1972年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政社会学、産業社会学。総務省、全国知事会、全国市長会、日本医師会、連合総研等の各種委員のほか、朝日新聞論壇委員、毎日新聞時論フォーラム委員なども歴任。

著作にWorlds of Taxation: The Political Economy of Taxing, Spending and Redistribution since 1945, co-editor with Gisela Huerlimann and W. Elliot Brownlee, Palgrave Macmillan, 2018. Debt and Deficits in Industrialized Democracies, co-editor with Gene Park, Routledge, 2015. The Political Economy of Transnational Tax Reform: The Shoup Mission to Japan in Historical Context.", co-editor with W. Elliot Brownlee and Yasunori Fukagai, Cambridge University Press, 2013.ほか多数。2015年度大佛次郎論壇賞、2016年度慶應義塾賞などを受賞。

 

​お問い合わせ
 

入ゼミ等に関するご質問は
以下の連絡先までお問い合わせください

Twitter: @ideseminar